• お問い合わせフォームお問い合わせ

ターゲットへ接触

ターゲットに工作員を接触させる形状には様々なパターンがございます。
ドラマのように劇的な接触が有効なケースは実際には少なく、日常的な出会いから発展していくことの方が多いです。
何故なら、劇的な出会いには後々、ターゲットが工作員との出会いを振り返り、
どこかに不自然さを感じてしまう可能性を完全に否定できなくなる、というデメリットもあるからです。
下記に一般的な接触の形状を挙げておきます。

・ターゲットに異性の工作員を1名近づける

・ターゲットに異性の工作員を複数近づける

・ターゲットに同性の工作員を1名近づける

・ターゲットに同性の工作員を複数近づける

・ターゲットの交際相手に工作員を近づける

・ターゲットの家族に工作員を近づける

・ターゲットの友人に工作員を近づける

・ターゲットの同僚に工作員を近づける

・ターゲットの上司に工作員を近づける

復縁工作とは|復縁方法

多くの接触方法・形態がある理由

ターゲットの中に警戒心を強く持った方が稀ではありますが、おられます。
私共やお客様が「ターゲットだから・・」ということで心理的にそう思えるのではなく、
実際に警戒心が強いのです。警戒心という言葉で一まとめには出来ませんが、
分類すると下記のような人物が挙げられます。

習慣的なもの

辺りをキョロキョロ見渡す等、ただなんとなく習慣となっているターゲットもいます。
後ろを振り向くことが習慣、どこか建物から出てきたときにキョロキョロと周囲を見回すことが習慣など様々ですが、
このようなターゲットの場合には、過去のに何らかの原因はあったとしても、そんなにこちらが構える必要もございません。
ですが、最初は警戒しているのか?習慣なのか?の判断がつけづらいところはあります。

過去に探偵や警察に尾行された経験のある人物

過去に誰かに尾行された経験のある人物、若しくはそう勘違いしている人物もいらっしゃいます。
特に別れさせ工作を行なう前に浮気調査などを探偵社にご依頼されていた場合に、
例え、その浮気調査中に調査員を認識されていないとしても、結果を告げる事によって、
探偵に尾行されていたんだと認識してしまいます。
そういった人物への工作は目的が復縁する事にあるだけに、十分な注意が必要になります。

裏の仕事をしているターゲット

誰かに尾行されているなどは関係なしに、外では常に神経を張り巡らしている人物もいらっしゃいます。
特に生活や行なっている事に後ろめたい部分のある人物は、外では毎日それとなく神経を張り巡らせています。
特にこの手のタイプで多いのが男性ですが、同性には警戒心が高くても、女性には警戒心が全く無い場合もあります。

不法滞在等の外国人

例えば、新宿の繁華街などで、不自然にカメラを回して見て下さい。
周囲の不法滞在の外国人や何か後ろめたい事??をしている人間が集まってくるでしょう。
このような人物は滅多にターゲットになることはありませんが、一例として挙げておきます。

男性恐怖症に近い女性

過去に男性にひどいことをされた方や、強度のストーカー被害に遭った経験のある方は、
やはり周囲や後ろを警戒している場合が多いです。過去の恐怖体験がなかなか体から抜けないのです。

同業者

私共の同業者の場合は所謂、職業病です。ですが、逆に仕事以外では開放感に溢れている人物も多いことでしょう。
工作員の場合には、ターゲットにプライベートで偶然にも会ってしまわないように、細心の注意を払っています。

それでは警戒している人物に対して、工作を続行していく場合の打開策を御説明致します。
下記をご覧ください。

復縁工作とは|復縁方法

人員の増員

通常の工作時、スタッフを2名、工作員数名というのが基本単位ですが、
その中の先ず「スタッフ」を増やさなければ、恐らくターゲットのリサーチ等が困難になってしまいます。
工作の場合2・3日間リサーチをする訳ではなく、何ヶ月間か定期的にリサーチしたりする場面も出て参りますので、
スタッフを通常より速い展開でサイクルさせ、且つ1回1回の人数も増やした方が安全なケースも出てきます。
ここでスタッフが優秀だから、大丈夫だよ!と高をくくっているといつか痛い目をみるでしょう。

リサーチ・工作期間の長期化

リサーチや工作のペースを通常より落とす方法もあります。例えば通常2ヶ月で行なう工作を、
リサーチや工作頻度を落とし3ヶ月間かけて行なうなどです。経費の調整を上手く行なうのがポイントとなります。

周辺人物の利用

直接ターゲットに近づくのではなく、最初から存在しているターゲットの人間関係を利用できる場合がございます。
それは友人・身内・同僚・よく行くお店の店員さんなど、予めターゲットが知っている人物を通して知り合う事です。
関係構築を間接的に行う分、時間を要す事となりますが、効果的なケースもございます。

ご契約前にターゲットの警戒心が強いと分かっていた場合

私共は仕事として、この業務をこなしています。
従って、ご契約前に警戒心が強いターゲットと分かっている場合は、ご依頼をお断りさせて頂く場合もございます。
何故なら、通常の倍以上の時間と人員が必要になる可能性が多くあるからです。
その場合、お客様のご負担は、出る結果は同じなのに一般の方の何倍も料金が必要になってしまう恐れがあるからです。
ご理解頂ければ幸いです。

復縁工作とは|復縁方法

ご契約後に対象者の警戒心が強いと判明した場合

可能性として、これも無くはありません。業務上の言い訳として、申し上げる訳ではございませんが、
リサーチにしろ、工作にしろ、非常に強い警戒心を持っている方は、
やはりやり辛いターゲットであることは間違いありません。
復縁工作といっても、何らかの方法でターゲットに近づき、気持ちを引き寄せ、情報収集、心理誘導等を行えば、
良いというものではございません。単純な方法だけでは通用しない場合があるからです。
また、同じ内容のことを行うにしても、そこに到達させるまでの過程は各案件で異なりますので、
各案件ごとに工夫する事が必要になります。

それにより多くの接触方法・形態や、それまでの過程が大切になるのです。
ターゲットの内面・性格的なものを含め、置かれている立場や環境、既存の人間関係をトータル的に見て、
どのような展開をするか、どのような接触が必要になるのかを的確に判断して参ります。