• お問い合わせフォームお問い合わせ

ターゲットの心理誘導・影響

心理誘導

復縁工作で行われる心理誘導とは、お客様とのお付き合いを再度思い出させる内容であったり、
別れの真相を究明させるものであったり、現在の心理状態を把握するもの等、様々です。
心理誘導の意図によって向いている工作員も異なってきます。
同性・異性・年代・人格・タイプ、などを考えより誘導しやすい人材を選択することで作業効率をあげます。

復縁工作とは|復縁方法

影響力

人間は、どういった状況においても、少なからず周囲からの影響は受けます。影響を受けていることを表面には表さなくても、
内心では心の葛藤が起きていることもしばしば見られます。
ターゲットが、どのようなタイプの人間から最も影響を受けやすいのかを判断し、工作員を選定し接触させます。

同性工作員の方が良いのか?

情報収集や、心理誘導を行っていく際に、ターゲットと同性の工作員がいいのか?と申し上げますと、
そうとも限りません。特に時間が限られている工作の場合には、
即戦力として異性の工作員から情報収集をさせた場合が良い事もございますが、
その際に注意しなければならないのは、異性を意識させてしまうことから、ターゲットが自身の発言に、
見栄をはってしまう可能性がある事です。見栄が絡んでしまうと正確な情報収集が行えなくなってしまいます。

恋愛感情を蘇らせるには

復縁するにあたり、決して欠かせないのが『恋愛感情の再発』です。
復縁は恋愛感情がなければ、成し得ません。復縁ではなく、同情でその場しのぎ的な復縁は、全く意味を成しません。
別れてしまった後にターゲットに対し、ご自身への気持ち、同情を引く為に、

『あなたの子供を妊娠した』

『自殺する、もう生きていけない』

『親と話をして』

等々、お相手に対して嘘をついたり、情けなさを露わにする方がいらっしゃいますが、
上記の様な行動や言動は、復縁する事が困難になりますので、決してやらない様に心掛けて下さい。
復縁の基本は、出会いからお付き合いが始まるまでの、新鮮な恋愛感情を蘇らせることです。

これは不可能ではなく、可能です。

どうすれば恋愛感情が蘇るのか?

一言で言えば、ターゲットの精神が安定しているときでなく、
何らかの原因で気持ちが揺らいでいるような状態の方が工作は行いやすいです。
弱みに付け込むという訳ではないですが、不安定な状態のところで恋愛感情の再燃は非常に困難でもありますが、
気持ちが不安定な時期に、安心感・安定感というものをテーマにして、近づく事で、
お客様への恋愛感情が蘇ることは少なくありません。

過去のイメージの修復とは

過去のイメージを払拭しなければ、与えている悪い印象が多いほど、復縁が困難な場合もございます。
そして、どんなイメージを与えていても修復が可能なわけではないのです。
特に、人として相手に恥ずべきことをしてしまった、信頼関係を壊すような裏切りを行っってしまった方に関しては、
ある程度の歳月が経たなければ、全くといっていいほど修復が不可能なことがございます。

長い歳月で築かれた先入観

長期間(4年~10年程度)のお付き合いをされてきた方の別れとなりますと、
ケースによっては、積もり積もった不満という原因が多く、イメージの修復を行うことさえ、困難な場合がございます。
例えば、相手に対して何年も暴力を振るい続けてきた、という方のイメージを変えることは困難です。

コミュニケーションの修復

復縁という最終目的の前に、コミュニケーションの回復を目標にするケースは少なくありません。
何故なら、コミュニケーションの回復無しの復縁は難しく、最低限、相手とのコミュニケーションが取れる状態というのが、
復縁に無くてはならない条件でだからです。

復縁工作とは|復縁方法

コミュニケーションを修復するポイントとは

ターゲットに対して、早まって恋愛感情を出すことは、最もリスクが高く、復縁には効果的ではありません。
相手に対し、良いイメージを少しずつでも与え、ターゲットの負担にならない様、心掛けて行動することが重要ですが、
わざとらしくなってしまっては、意味が無くなってしまう可能性がございますので、どちらにせよ、細心の注意を払って、
コミュニケーションの回復に挑みましょう。

復縁のタイミング

復縁のタイミングは、ターゲットの性格にもよりますが、多くの場合、復縁工作の終盤の展開によって決まって参ります。
例えば工作員、ターゲット、お客様を含めた4人くらいのグループでの接触を、何度か繰り返したあとが良いこともあれば、
逆に回りくどい事は行わず、ターゲットとお客様が直接2人でコミュニケーションを取った方が良い場合もございます。
工作の終盤の展開に合わせて判断すべきところとなります。

復縁する際に注意するべき事とは

復縁する際に注意すべきは『焦り』です。焦りは言葉にも態度にも出ます。
言葉や態度で焦っても仕方ありません。言葉よりも大事なのは、ターゲットの気持ちを掴むことです。
焦りから言葉で気持ちを確認したり、掴もうとするのではなく、
逆にターゲットから何か言葉が出てくるのを待つくらいの根気強さを持って下さい。
ゆっくり進む事が大事なのです。早く結果を求める必要はございません。