• お問い合わせフォームお問い合わせ

ターゲットの事前リサーチについて

日本に比べてアメリカの夫婦はカップルの心理的コミットメント(愛情関係)が強く、
愛が形となる性愛というものが重要視されています。従って性愛が続いている限りは2人でいれるのですが、
逆に言えば性愛での絆が希薄になれば、夫婦関係はすぐに崩れてしまう傾向にあります。

確かに離婚率は高いアメリカの夫婦ですが、一面では相手への愛情というものに「誠実」であると言えるかも知れません。
日本人の場合には、性愛がなくなっても、戦友的な情関係や家庭という形を守ろうとする力で、
夫婦関係が保たれることも少なくはないのです。

ですが、どんなに家庭や子供のことがあっても、夫や妻に情が残っていても、
離婚していく夫婦は増えています。その理由が以前とは異なり、
男女共に「新しい刺激を求めて」という動機が珍しくもなんともないのです。
ではその「新しい刺激」とは何なのでしょうか?

人の行動は全て意味のあるものとされており、心の働き自体が大きく2つに分けられると考えられています。
「意識」と「無意識」です。意識というのは所謂一般生活に出ているごく一部の面、
無意識とは通常の生活では押し込められている強い衝動です。
「意識」は「無意識」と比べると、心の働きのほんの一部であり、大半は「無意識」が占めています。
そんな人間の「無意識」には、無限の可能性が秘められているという説があります。

人が「新しい刺激を求める」とき、この無意識が非常に密接に関係していると言えます。
表面上の意識でそれを隠そうとしますが、とても押さえきれるものではありません。
無意識が大半の場合で上回ってしまい、社会のルールや常識が見えなくなってしまう程増大していくのです。
そんな強い無意識という感情を生んでいるのが「愛・性」です。

この「愛・性」は、多くの無意識という感情の中で最も強い源とされています。
我々の工作でも大半の場合この「愛・性」というものに頼っていることにはそういった理由が隠されています。
というより、一般的に多くの案件で通用する方法を一つ挙げるとしたら、
やはり異性の工作員による恋愛感情(愛・性)のコントロールが事実トップに位置するのです。

結論ですが一般的に考えれば、愛と憎しみという恋愛上でセットになっている激しい感情を恋愛工作にも利用するのが、
人間の持つ性質上、一般的には最も有効な手段であることは間違いないのです。
勿論、それが通用しないターゲットも多く存在しますのでその他の手法も必要にはなってくるでしょう。

ターゲットに工作員を接触させる形状には様々なパターンがあります。
ドラマのような劇的な接触が有効なケースは実際には少なく、
日常的な出会いから発展していくことの方が多いです。

また、劇的な出会いには後々ターゲットが工作員との出会いを振り返り、
どこかに不自然さを感じてしまう可能性が否定できなくなる、というデメリットもあります。

下記に一般的な接触の形状を挙げておきます。

・対象者に異性の工作員を1名近づける 
・対象者に異性の工作員を複数近づける
・対象者に同性の工作員を1名近づける
・対象者に同性の工作員を複数近づける
・対象者の交際相手に工作員を近づける
・対象者の家族に工作員を近づける
・対象者の友人に工作員を近づける
・対象者の同僚に工作員を近づける
・対象者の上司に工作員を近づける

多くの接触方法・形態がある理由

別れさせ屋工作は、容姿端麗な特殊工作員が、何らかの方法で対象者に近づき、
気持ちを引き寄せ・好きにさせて別れさせるという、単純な方法だけでは通用しない場合があります。
また、同じ内容のことを行うにしても、そこに到達させるまでの過程を工夫する必要があります。

そこで多くの接触方法・形態や、そこまでの過程が必要になってくるのです。
恋愛感情での工作ばかりでは限界が生じるケースには、それに代わる代替案を考案する必要が出てくるということです。

対象者の内面的なものや、置かれている環境・立場、既存の人間関係をトータル的に見て、
みてどのような展開に向けた、どのような接触が必要になるのかを的確に判断していきましょう。